<夜勤希望者に捧ぐ>時給が高いだけじゃない夜勤の3つメリット。

58538985d6afa8a91159eeb81115aa09 m 1024x768 - <夜勤希望者に捧ぐ>時給が高いだけじゃない夜勤の3つメリット。
夜勤は、労働基準法で夜22時~翌朝5時までの間は深夜手当として25%の賃金の割り増しが義務付けられていることから、同じ仕事でも日勤に比べ時給が高いというメリットがあります。しかし、夜遅くから明け方までの仕事で体力的にきびしいと思われがちで仕事探しの候補から外されることもありますが、賃金以外にもメリットがありますので、今回は夜勤のお仕事のメリットについて説明いたします。

グッバイ通勤ラッシュ!

日勤の場合、どうしても通勤ラッシュは避けて通ることができません。電車の場合は満員電車、車の場合は渋滞と、出勤前や退勤後に余計なストレスを感じることが多々あります。その点、夜勤の場合は、通勤ラッシュとは無縁で、電車やバスの場合はガラガラに空いた車内でゆったりと座って、ラクラクと通勤できます。

人も少なく気楽に働ける

日勤では、同じ時間帯に多くの人が働いていますが、夜勤の場合は、ごく限られた人数のみで働くことが多いので、日中に比べて全体的に静かで、面倒な会議や電話対応などが少なく気楽に働くことができます。また、日勤に比べて作業量が少ない場合もあります。

日中を有効利用できる

日勤では、病院への通院や役所や銀行での手続きなどは有給などを消化して行っているケースが多いですが、夜勤の場合は就業時間外ですので、有給などを消化せずに可能です。また、休日などに混み合う映画館やテーマパークにへ平日の昼間に遊びに行くことも可能です。

さいごに

夜勤の仕事は、しっかり稼ぎたいという人に人気のある仕事ですが、もともとは寝ている時間帯ですので、慣れないうちは寝不足や環境の変化による体調不良になりやすかったり、勤務中にトラブルが発生した場合、責任者が近くにいないこともあります。それでも夜勤を希望される方はけっして無理をしないよう、就業場所の体制や体調には十分気を付けてくださいね。何か不安があれば、すぐに相談しましょう。