仕事を探す前に知っておくべき「一般事務」と他の事務の違い

cc69200df65f0c8e571172abb0eb6743 s - 仕事を探す前に知っておくべき「一般事務」と他の事務の違い
事務職はいつも人気のある仕事のひとつです。事務職には様々な種類があり、その中で求人広告などで一番目にするのが「一般事務」だと思います。この一般事務は他の事務とは何が違うのでしょうか。今回はこの一般事務についてご説明致します。

事務職の種類

そもそも事務職とは、スムーズに仕事が進むようにサポートする「縁の下の力持ち」的なポジションの仕事です。そのため、直接、業績に関わることが少ないですが、会社にとっては無くてはならない大切な存在です。事務職は、専門的な経験やスキルが必要とされる経理事務や営業事務、総務事務などがあり、それらに分類できない仕事をひとまとめにし、比較的、未経験の方でも採用されやすいのが一般事務と言われています。

一般事務とは

一般事務は、書類や伝票の作成・整理・ファイリング、データ入力、電話・来客対応の他にも、会議の準備や、ちょっとした買い出し、郵便物の発送などを業務として行いますが、経理事務で行うような経費の精算や、営業事務で行うような資料作成などの作業を行うこともあります。一般事務としての経験を元に経理事務や営業事務にジョブチェンジする方もいらっしゃいます。誰でも簡単にできるイメージの一般事務ですが、営業部や人事部などの部署を飛び越えて幅広い業務を担当しますので、実はとても奥の深い仕事だと言えます。

一般事務に必要なスキル

一般事務の応募者の方の中で、面接時の質問でよく「必要なスキルはありますか?」と聞かれます。その際にお答えするのが、今の時代、パソコンの入力ができるかどうかが重要なポイントになります。ワードやエクセルの資格であるMOUSをお持ちの方は選考の際の評価の対象になることは間違いありませんが、無くてもこれまでに使用経験があれば十分選考の際のポイントになります。他にも、コミュニケーション力や電話応対の経験、接客対応のマナーがあれば採用されやすくなります。

一般事務のデメリット

一般事務は、他の職種に比べ残業が少ない傾向にありますので、残業代を含めてがっつり稼ぎたいという方にはあまりおすすめできません。また、仕事のほとんどはデスクワークなので、アクティブに体を動かしたい方にも不向きと言えます。

さいごに

転職情報サイトDODAの調査結果によると、2018年2月度の有効求人倍率は人手不足が深刻な技術系(IT・通信)で8.01倍なのに対し、事務・アシスタント系は0.2倍という状況ですので、もし一般事務職に興味があり、自分が理想とする求人募集があったなら、迷わず応募することをオススメ致します。


参考サイト:2018年2月の転職求人倍率は前月+0.18ptの2.53倍。前年同月比では0.15pt上昇し、転職者により有利な市況に | 転職ならDODA(デューダ)