正社員がいいけど、どんな会社か不安。そんな方には紹介予定派遣!

b64ad31ab6417df458cdcf0ab63101d5 m 1024x683 - 正社員がいいけど、どんな会社か不安。そんな方には紹介予定派遣! 正社員や契約社員で採用されたいけど、どんな会社か不安...。というお悩みは求職中のどなたでも抱くものです。そんな不安を解消する方法のひとつに紹介予定派遣があります。今回は、この紹介予定派遣についてご説明致します。

そもそも、紹介予定派遣とは

紹介予定派遣は、最大6ヶ月の派遣期間の後、派遣先と派遣スタッフの両者の合意を得て、正社員や契約社員で直接雇用される派遣の仕組みです。派遣スタッフは派遣期間中に派遣先の会社の雰囲気と合うかどうか、継続して勤務可能かどうかを確認することができ、また派遣先は対象の派遣スタッフを直接雇用しても問題ないか確認することができるので直接雇用された後もミスマッチも少なく安定して働くことができます。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣のメリットは、なんと言っても直接雇用される前に会社の雰囲気や仕事の内容、そもそも自分のスキルに合っているのかどうか確認しながら働くことができる点です。もし、派遣期間中に自分のスキルに合っていないと思ったら直接職場の方に相談することもでき、必要なスキルを磨く目標にもなります。何よりも働いている自分を知ってもらった上で直接雇用になった方が、後のやりがいにも繋がりますよね。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣にもデメリットがあります。それは、必ず直接雇用されるわけではないという点です。あくまで直接雇用するかどうかは両者の合意があってからのことなので、最大6ヶ月の派遣期間後に派遣先から合意が得られない場合は直接雇用されません。また、場合によっては、直接雇用された後の方が給料が下がるケースもありますので、就業前に直接雇用後の給与などの条件を確認する必要があります。

さいごに

紹介予定派遣の派遣期間は、派遣先と派遣スタッフのお互いが見極める期間と言えます。紹介予定派遣だから、なんとなくやりすごしていれば直接雇用されるなどと勘違いしている方は残念ながら直接雇用されないことが多いので注意しましょう。

紹介予定派遣の他にも、派遣期間中に直接雇用になる可能性がある求人もありますので、興味があれば聞いてみましょう。